SEO上捨ててもかまわない情報は使用を限定すべし!


SEO上で効果が見込めるサイトの構成とインデックスの改善点

構成に変更することで、SEO上は下記の効果が見込めます。・サイト内ページのインデックス改善・ドメイン内のリンク元増加・検索結果の不具合の回避・印刷時やブックマーク時などのユーザビリティの向上<IFRAME>タグを用いたインラインフレームも、クローラからは認識されない部分です。〈IFRAME>に記述する情報は重要度が低いもの、つまりSEO上捨ててもかまわない情報に使用を限定すべきです。可能であれば使用しないほうがよいでしょう。リダイレクトとは、あるURLにアクセスした際に、別のURLに自動的に転送することを指します。

サイトのリニューアル時、サイトの保守作業中にURLを移転する場合などに使用することがありますが、URLの移転を検索エンジンが認識できるよう、リダイレクトの方法には留意する必要があります。リダイレクトの手法としては、大別するとクライアントサイドの手法とサーバーサイドの手法があります。<META>タグのリフレッシュ属性やJavaScriptのlocation設定がクライアントサイドの実現方法です。

サーバーサイドの実現方法としては、.htaccessファイル(ApacheWebサーバーの場合)などを使用したWebサーバーの設定や、Webアプリケーションがプログラムとして実行する実現方法もあります。HTTPのステータスコードというのは、HTTPのリクエストコマンドに対する直接的な表現したものです。ブラウザでW・bをアクセスすると、ブウザはWebサーバーに対して「○○というURLのファイルをください」とリクエストを伝えますが、それに対するサーバーからの返事です。通常は正常にリクエストが受け入れられた200を返しますが、これ以外にも多数のコードがあります。
担当者の熱意が伝わり、ここなら任せてもよいかと思えました。低価格でやっているところもあるが、きっちりしたアフターサービスも含めて安心できる風俗SEO対策であったと思います。
商品やサービス、コンテンツについて愛情があれば自然と潜在的なキーワードは拾えることが可能だという事もロングテールSEOの特徴です。


一時的な対処でない限り一時的なリダイレクトは使わないJavaScriptによるリダイレクトを行わないURLというのは、そのWebサイトが存在するドメインやアクセスプロトコル、表示のために必要なさまざまな情報から構成されています。まず最初にディレクトリ(フォルダ)から説明しますが、ディレクトリとはサイト上でいうURLの「階層」を意味し、サイト内でのページの構成のことを指します。

たとえば「http://example.com/111/222/333/」とあった場合ドメインのあとの/111/を第1階層、/222/を第2階層といいます。それを踏まえたうえで、ここではディレクトリを含めたURL構造による評価の優劣を説明します。ディレクトリ(フォルダ)構造現在のクローラは、HREF属性で記述するリンクが設置されている。

新着情報
2013/09/10 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 恒久的なリダイレクトを更新しました。
2013/09/02 上書きが可能を更新しました。
2013/08/31 比較的容易に設定を更新しました。
2013/08/29 ステータスコードを更新しました。
2013/08/28 SEO上で効果が見込めるサイトの構成とインデックスの改善点を更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。


オススメサイト
すまいるネットOperaSEOseo対策の京都NOREN
すまいるネットのSEO対策は、低価格でありながら結果を大事にします。OperaSEOは、不動産業界に特化した戦略的なSEO対策サービスをご提供します。seo対策の京都NORENは、のれん屋が手作業で行う丁寧なSEOサービスをご提供します。